二次会をみんなで楽しむために

Top

忘年会を盛り上げるために、ビンゴなどのゲームに景品を付けることは珍しくありませんね。

社内人間のみ全員参加の忘年会で
成績や立場に基づいた記念品などではなく、
誰にでも手に入れるチャンスがある
「忘年会 景品」という形だと、その費用は
仕訳の上では福利厚生費として扱うことができます。

 

本来福利厚生費は全員に平等に使われることが条件で、誰か一人が
手に入れる景品という形だと当てはまらないように見えます。
しかし、誰にでも手に入れるチャンスがあるので平等だと認められるのです。

カレーセット

ただし幹部など一部の人間のみの忘年会、
有志だけの忘年会の場合は交際費となります。

顧客や他社の人が参加する場合も
福利厚生費だけでは通らなくなるので、
経費を計上する際に、そのあたりのことを
チェックする必要があります。

 

普段はあまり意識されないことだと思います。
しかし会社の経理や総務担当だけでなく、イベントを企画し
商品を準備する人たちにも最低限意識はしておいてもらわなくてはいけません。



あとで「しまった!」とならないように、
会社でも一人は知識のあるひとが居て、その人に聞きながら進めるといいですね。

 

 

定例として二次会が行われるのであれば、更にその費用などの計算には
頭を悩ませることも多くなるかも知れません。

 

ゲームや景品が必要になるのは、二次会の方が多いかも知れませんので
その際に費用面で間違えてしまうと、下手をすれば信頼問題にも関わってきます。

 

楽しい二次会にするために景品を用意するだけではなく
そういった細かい部分への配慮も忘れずにできることが
できる幹事として評価される大事なポイントとなります。

社内レクリエーション費は福利厚生費の対象になる

役職のある従業員だけとか有志だけが参加する忘年会や新年会などの会合で発生する飲食費は、接待交際費となり福利厚生の対象でありません。

しかし参加者を限定せず誰でも参加できるようにしておけば、社内レクリエーション費として福利厚生の対象になります。
これは、国税庁による交際費等と福利厚生費との区分を調べればしっかりと書かれています。

忘年会や新年会などのイベントを行う場合、「従業員に概ね一律に、社内において供与される通常の飲食に要する費用」であれば福利厚生費として認められるとしているからです。
もちろん、従業員の数が多ければ会場となるお店を用意するのは大変ですし、スケジュールを合わせるまでに調整を重ねなければいけません。
となると忘年会や新年会は部署ごとに行うことが多いでしょう。

そういうときでも、「概ね一律に」という点を守って各部署の従業員の中で特定の一部だけでなく全体で参加できるようにしていれば、社内レクリエーション費と扱っても問題はなくなります。
概ねという言葉が入っていますから、たとえ1人でも欠けたら認められないという厳しいものではないことがわかります。

誰かが風邪で参加できなくなったり、部署でトラブルが起きて忘年会や新年会ができなかったときでも、大抵の場合は福利厚生費として認めてもらえます。
ここで注意しなければいけないのが、費用の支払い方です。たとえ「概ね一律に」という点を守り従業員がイベントで飲み食いをした飲食費のためであっても、直接現金で支給すると社内レクリエーション費ではなく給与あるいは接待交際費として扱われてしまいます。

あと「通常の飲食」という点も重要なポイントです。
金額として明確にいくらまでという限度額が提示されていませんが、普通の人がめったに食べないような高級料理を食べたときには「通常の飲食」と認められない可能性が高いです。

たとえば、業績が良かったから高級フレンチのフルコースや中華の満漢全席などを食べに行ったとしても、それは接待交際費になります。
店を決める幹事は、その点も考慮した上で予約を入れなければいけません。
なお、二次会については、一般的な考えからすると一部の人だけが参加することになるので社内レクリエーション費にならない可能性が高いです。
たとえ強制的に参加しなければいけないとなっていても、税務署がそれを認めてくれるとは限りません。
残念ながら二次会さらに三次会を開くときの費用は、接待交際費になってしまう恐れが高いです。"

 

Copyright© keihin All Rights Reserved.