二次会をみんなで楽しむために

忘年会

少人数企業の忘年会でも、ビンゴ大会やゲームなどで盛り上がり
何らかの景品を用意することが多いでしょう。

地域の美味しい料理

どの程度のものを準備すればいいのか
迷う方も多々いらっしゃいますが、
忘年会における景品はお金をかけず
かつ出席者が喜ぶものにするべきです。

 

例えば忘年会の前に一人一つ景品を
持ってきてもらい、それを袋に詰め、ゲームなどで
勝った人から選べるといったようなわくわく感を出すことで
参加者はより楽しめますし、お金をかける必要がないので
その分会費を安くしたり、料理にお金をかけることもできて一石二鳥です。

名物料理

子供時代のお誕生日会やクリスマス会のようですね。
もらったプレゼントをその場で開封して
「これは誰の選んだプレゼント?」というのも
盛り上がるでしょう。

さらに、「あの人あんないいセンスしてるんだ!」
なんていうこともあるかもしれません。

 

少人数になるとなおのこと、豪華なものを用意するよりもささやかなもので
みんなでわいわいと楽しめることをお勧めします。

 

また、こういった景品やゲームを行う会としては、一次会よりも二次会の方が
さらに盛り上がるのではないでしょうか。

 

一次会では、まだお互いに緊張もある中始まり、楽しくなってきたころに
お開きになります。

 

そのため、あらかじめ二次会を企画しておき、そのなかに楽しいゲームや
人気の景品などを用意できれば、参加者としては更に楽しみが増えるでしょう。

Copyright© keihin All Rights Reserved.